将棋コラム

将棋会館建設クラウドファンディングで寄付の受付始まる【将棋連盟移転の理由】

2021年10月6日

将棋会館建設プロジェクト

日本将棋連盟創立100周年を記念して、将棋会館建設プロジェクトがスタートしました。

東京千駄ヶ谷の現将棋会館から、新しい将棋会館へと移転するに伴い、必要となる資金を広く集めるプロジェクトになります。

移転理由は建物の老朽化。

将棋会館建設の力になれるだけでなく、魅力的な商品やサービスを受けることができるので、ファンにとっても嬉しいプロジェクトですね。

今回の記事では、クラウドファンディングの内容、募集の理由、移転先についてまとめました。

第2期将棋会館建設クラウドファンディング

第2期の募集が始まりました。

新将棋会館建設プロジェクト、第2期のリターン内容は次の通りになります。

返礼品料金寄付金控除
お礼のメールコース5,000円×
棋士オンライン通話権 福崎文吾九段【10名限定】50,000円×
棋士オンライン通話権 畠山鎮八段【10名限定】50,000円×
棋士オンライン通話権 豊川孝弘七段【10名限定】50,000円×
東京将棋会館見学ツアー 先崎学九段・村中秀史七段【10名限定】70,000円×
東京将棋会館見学ツアー 伊藤真吾六段・藤森哲也五段【10名限定】70,000円×
関西将棋会館見学ツアー 都成竜馬七段・折田翔吾四段【10名限定】70,000円×
セレクトカフェ~yasumitsu×itodani~7月開催分【15名限定】100,000円×
セレクトカフェ~yasumitsu×itodani~8月開催分【15名限定】100,000円×
藤井猛九段による特別解説会【10名限定】100,000円×
棋士アクリルスタンド1名10,000円×
棋士アクリルスタンド5名セット50,000円×
藤井竜王ミニ色紙(印刷)+根付セット10,000円×
斎藤慎太郎八段・都成竜馬七段プロデュース お酒・グラスセット30,000円×
全棋士・女流棋士扇子30,000円×
オリジナル直筆色紙50,000円×
2名まで指名可!台紙付き色紙100,000円×
二寸榧盤 藤井聡太竜王揮毫付500,000円×
二寸榧盤 羽生善治九段揮毫付500,000円×
藤井聡太五冠達成記念 フォトブック100,000円×
藤井聡太五冠達成記念 直筆額装扇面1,500,000円×
藤井聡太五冠達成記念 一尺置き駒2,000,000円×
盛上駒 羽生善治書【限定2組】3,500,000円×
盛上駒 渡辺明書【限定4組】3,500,000円×
盛上駒 森内俊之書【限定4組】3,500,000円×
盛上駒 佐藤康光書【限定4組】3,500,000円×
特別指導対局権 羽生善治九段3,000,000円×
ポストカードお礼状10,000円
駒形ノベルティ+クリアファイルセット20,000円
台紙付き感謝状20,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(小サイズ)50,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(中サイズ)1100,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(中サイズ)2300,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)1500,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)21,000,000円
東京新会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)33,000,000円

公式 【第2期】新・将棋会館建設プロジェクトicon

今回新しく加わったものとしては、アクリルスタンドが気になりますね。

ラインナップは、藤井竜王、渡辺名人、永瀬王座、羽生九段、豊島九段の5名です。

斎藤八段・都成七段プロデュースのグラスセットもオシャレですね。

早くも売り切れになってるものもあるので、早めにチェックしてみてください。

クラウドファンディング実施予定スケジュール

将棋会館建設クラウドファンディングは、以下のスケジュールで行われる予定です。

第1期:2021年10月~12月
第2期:2022年4月~6月
第3期:2022年10月~12月
第4期:2023年4月~6月
第5期:2023年10月~12月
第6期:2024年4月~6月

人気のアイテム、サービスは、早期で完売となってしまうため、開始と同時に申し込む必要がありそうですね。

公式 【第2期】新・将棋会館建設プロジェクトicon

過去に開催された将棋会館建設クラウドファンディング

以前に開催されたクラウドファンディングの内容です。

第1期将棋会館建設クラウドファンディング

返礼品料金寄付金控除
お礼のメールコース5,000円×
藤井三冠ミニ色紙(印刷)+根付セット10,000円×
黒沢怜生六段・斎藤明日斗四段プロデュースパーカー15,000円×
全棋士・女流棋士扇子30,000円×
棋士オンライン通話権 近藤誠也七段【10名限定】50,000円×
棋士オンライン通話権 中村太地七段【10名限定】50,000円×
棋士オンライン通話権 佐々木勇気七段【10名限定】50,000円×
オリジナル直筆色紙50,000円×
2名まで指名可!台紙付き色紙100,000円×
井上九段一門イベント参加権200,000円×
盛上駒 羽生善治書【限定5組】3,500,000円×
盛上駒 渡辺明書【限定5組】3,500,000円×
盛上駒 森内俊之書【限定5組】3,500,000円×
盛上駒 佐藤康光書【限定5組】3,500,000円×
ポストカードお礼状10,000円
駒形ノベルティ+クリアファイルセット20,000円
台紙付き感謝状20,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(小サイズ)50,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(中サイズ)100,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(中サイズ)2300,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)500,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)21,000,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)33,000,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)45,000,000円
新東京将棋会館 寄付者銘板掲載(大サイズ)510,000,000円
木村一基九段による特別解説会100,000円×
特別指導対局権 羽生善治九段3,000,000円×

一部で寄付金控除を受けることができます。

個人的に、羽生九段との特別指導対局はめちゃめちゃ惹かれますね・・・

お値段も高額ですが、既に完売しています(すごい)。

木村九段の特別解説会、佐々木七段のテレビ通話も調査時点で完売していました。

東京将棋会館の移転先は千駄ヶ谷センタービル

将棋会館

今ある将棋会館の場所は以下の通りです。

そして、移転先は以下の場所、千駄ヶ谷センタービル(地下1階、地上4階)になります。

棋聖戦でも特別協賛をいただいているヒューリック所有の土地に、建て替える形で建設されます(2024年9月完成予定)。

そして、将棋連盟は千駄ヶ谷センタービルの1階部分に移転することになります。

最寄りの千駄ヶ谷駅は変わらず、今よりも駅から近い場所になりますね。

1フロアだけですが、総面積は今の将棋会館よりも広くなるようです。

オンライン配信のためのスタジオや機材なども充実するようなので、ファンとしては楽しみですね。

なぜクラウドファンディングが必要なの?

クラウドファンディングとは、ネットを通じて不特定多数の人から資金を調達することを意味します。

では、なぜクラウドファンディングをしなければならないかというと、将棋連盟が公益社団法人だからですね。

公益社団法人は、自身の営利のみを目的とすることはできず、広く社会全般の利益のために活動を行います。

営利を目的とすることができないので、一般企業のように利益を溜め込むということができません。

そのため、今回のように多額の資金が必要となる場合は、寄付やクラウドファンディングに頼るしかないんですね。

ちなみに、寄付とクラウドファンディングの違いは以下の通りです。
  • 寄付・・・金銭などを贈る行為(見返りなし)
  • クラウドファンディング・・・金銭などを贈ることで何らかのリターンを得られる行為(見返りあり)

関西将棋会館は高槻市へ移転

大阪市福島区にある関西将棋会館も、老朽化に伴い、高槻市への移転が決定しています。

現在は、福島駅近くにありますが、高槻市となるとだいぶ離れることになりますね。

移転先は、高槻市営バスのJR高槻駅西滞留所となっています。

ここに、5階建てのビルが建設されるようです。

2023年度内の完成を目指しています。

高槻駅からすぐのところなので、利便性は高いですね。

今回のクラウドファンディングで集まった資金は、千駄ヶ谷だけでなく高槻の建設費用にもあてられます。

まとめ

将棋会館建設クラウドファンディングは、第1期~第6期まであり、その都度リターン内容も変わります。

募集は年に2回、10月~12月、4月~6月に行われるので、時期が近づいたらリターン内容をチェックしてみましょう。

応援している棋士の商品やサービスを心待ちにしている方もいるかもしれませんね。

日本将棋連盟創立100年を節目に、東西の将棋会館がほぼ同時期に新しく生まれ変わることになります。

どんな形になるのか非常に楽しみですね!

-将棋コラム

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2022 All Rights Reserved.