金子タカシ

寄せの手筋200

2020/6/8

【おすすめ本】初段を目指すなら超絶推奨『寄せの手筋200』

将棋を楽しんでいる人なら、まずは初段が目標という人が多いと思います。 でも、 「なかなか初段になれない」 「終盤がイマイチで困っている」 といった悩みもありますよね。 そんな時におすすめしたい本が、金子タカシさん著の『寄せの手筋200』です。 終盤に無数に出てくる寄せの形をできるだけわかりやすく定型化。 詰みを目指すのではなく、必至を掛けることを目的とした寄せの問題集です。 終盤力を鍛えたいけど、どの本を選べばいいかわからないという場合は、迷わずこの本を推奨します。 『寄せの手筋200』をおすすめする理由 ...

凌ぎの手筋200

2020/6/18

『凌ぎの手筋200』の書評・レビュー

金子タカシさんの著書『凌ぎの手筋200』を実際に読んでみての感想レビューです。 本書では、将棋の守備力とそれに伴う精神力を鍛えることができます。 攻めは好きだけど守るのは苦手という人は多いと思いますが、そんな時に役立つ本だと思います。 ただし、対象の棋力は初段~四段レベルとなっていて、少し難しめの本になっています。 凌ぎの手筋200の書評・レビュー リンク 本書では、次の一手形式で合計200問が用意されています。 パッと見では受けがないような絶体絶命の状態の問題ばかりです。 そういった状況で、詰み筋や必至 ...

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.