升田式石田流

升田式石田流 美濃囲いを完成させたところ

2020/4/7

升田式石田流 浮き飛車~角交換後の指し方

このページでは、升田式石田流の序盤において、先手浮き飛車(▲7六飛)~後手角交換後の指し方について手順を解説していきたいと思います。 第1図(▲3八銀まで) 具体的には、第1図から △6四歩と突いた場合 △8四飛と浮いた場合 について、どんな指し方があるか追っていきたいと思います。 △6四歩と突いた場合 △6四歩には、先手は▲7六飛(第2図)と浮きます。 第2図(▲7六飛まで) 石田流!という感じの形になりましたね。 ここで、後手は角交換するのが最善です。 もし仮に△6三銀のような手を指すと、先手は▲6六 ...

初手から▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△8五歩と進んだ局面

2020/4/7

升田式石田流序盤の定跡 △8六歩の攻め筋に対する応手まとめ

升田式石田流の序盤では、後手から△8六歩とされる変化が気になるところですが、いずれの変化も先手が互角以上に戦えます。ポイントとなる応手や攻め筋を覚えて、升田式石田流をマスターしていきましょう。

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.