羽生善治

竜王戦

2020/10/6

第33期竜王戦七番勝負の展望【豊島将之竜王VS羽生善治九段】

豊島将之竜王に羽生善治九段が挑戦する、第33期竜王戦七番勝負第1局が、10月9日・10日の両日、東京渋谷のセルリアンタワー能楽堂で開幕します。 羽生九段にとっては、無冠になってから久々のタイトル戦。 豊島竜王の初防衛か、羽生九段のタイトル100期か、否が応でも注目が集まりますね。 そこで今回の記事では、両者の最近の成績、対戦成績、竜王戦の展望についてまとめてみました。 豊島竜王と羽生九段の直近約3か月の成績 今年7月~10月初旬の約3か月の両者の成績を見てみると、以下の通りとなります。 対局数 勝敗 豊島 ...

学生服の少年が角を手に持つところ

2020/7/17

将棋の中学生プロ棋士の記録をまとめてみた

将棋界史上最年少プロ棋士として、今も大きな注目を集めている藤井聡太七段。 中学生棋士としてマスコミでも大きく取り上げられ、将棋に関心を示す人も増えたみたいですね。 そこで、この記事では、過去に将棋界では何人の中学生棋士が誕生したのかをまとめてみました。 中学生でプロ棋士になるというのは本当に驚異的なことなわけですが、過去の歴史を紐解いて、その偉業を再確認してみましょう。 将棋界の中学生棋士 日本将棋連盟が中学生棋士として紹介している棋士は5人います(敬称略)。 ※データは2020年7月現在。 加藤一二三 ...

盤上の歩を持ち上げたところ

2020/5/29

羽生九段タイトル100期の可能性を探ってみた

2017年12月、通算7期目の竜王を獲得し永世七冠を達成した羽生善治九段ですが、翌年2018年7月に棋聖を豊島八段(当時)に奪われ、さらに12月には竜王を広瀬八段に奪われ、無冠に転落します。 当時は違和感のあった九段という肩書きも、今ではそこまででもなくなってしまった感があります・・・ 永世七冠の他に、羽生九段が達成できるかどうか注目されているもう一つの偉業が、タイトル100期ではないでしょうか。 現在タイトル獲得数は通算99期。 あと1つタイトルを獲得すれば、大台の100期を達成することができます。 果 ...

終盤戦が繰り広げられる将棋盤

2020/6/13

将棋8大タイトルの永世称号の取得条件をまとめてみた

2020年現在、将棋界には8つのタイトルが存在するわけですが、叡王を除く7つのタイトルには永世称号というものがあります。 この永世称号、各タイトルによって取得条件が異なるので、わかりにくいこともありますよね。 そこで、各タイトルの永世称号の獲得条件について一覧にしてまとめてみました。 各タイトルの永世称号を取るには、どれだけ厳しい条件をくぐり抜けなければならないのか、ぜひ確認してみてください。 そもそも永世称号とは? もしかすると、 「そもそも永世って何?」 という疑問が出てくるかもしれませんね。 ざっく ...

将棋盤を斜めから撮ったところ

2020/2/28

将棋界3連敗4連勝の歴史を紐解いてみた

3連敗の後の4連勝。 絶体絶命、まさに崖っぷちからの大逆転劇は、見る者を魅了して熱狂の渦に巻き込みます。 古い話だと、1989年プロ野球日本シリーズの巨人VS近鉄で、巨人が3連敗後4連勝を果たして日本一になったことが有名かもしれませんね。 それでは将棋界ではどうなのか、3連敗4連勝の歴史を紐解いてみました。 結論をいうと、2020年現在、3連敗後の4連勝は将棋界で2例あります。 一体どのような内容だったのか、少しだけ詳しく見ていきましょう。 ※文中のタイトル保持者、段位はいずれも当時のものになります。 七 ...

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.