将棋コラム

叡王戦の主催が不二家に! 変更点をまとめてみた

叡王戦のスポンサー

2020年10月29日、佐藤康光会長から叡王戦の主催者がお菓子メーカーの不二家になることが発表されました。

これまでタイトル戦の主催は、新聞社などのメディアが主に務めていましたが、初めてお菓子メーカーが主催を務めることになります。

また、ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスとSBI証券が特別協賛という形で参加します。

そこで、今回の記事では、今までの叡王戦と比べて何が変わるのか? 変更点をまとめてみました。

叡王戦の変更点【第5期と第6期の比較】

第5期
主催ドワンゴ
協賛生茶
番勝負七番勝負
実施方式段位別予選+本選(24名によるトーナメント)挑戦者決定戦は三番勝負
持ち時間予選1時間、本戦3時間。番勝負は1時間、3時間、5時間(最終局は6時間)から選択の変則方式(いずれもチェスクロック方式)
第6期
主催不二家、日本将棋連盟
特別協賛レオス・キャピタルワークス、SBI証券
番勝負五番勝負
実施方式段位別予選+本選(16名によるトーナメント)挑戦者決定戦は一番勝負
持ち時間予選1時間、本戦3時間、番勝負4時間(いずれもチェスクロック方式)

第6期も、叡王戦独自のシステムである段位別予選は継続されます。

本戦は、前期ベスト4以上の永瀬王座、渡辺名人、青嶋六段、佐々木大地五段がシード。残り12名の枠をかけて、全棋士が予選を戦うことになります。

第5期と比べて本戦の枠が少なくなっているので、予選の比重が増しました。

また、これまでの叡王戦の番勝負は(コロナの影響を除くと)春(4月~6月)に行われていましたが、第6期からは7月下旬~9月に行われます。

持ち時間も、第5期は変則的で面白かったですが、第6期はわかりやすい形に変更されました。

ドワンゴ撤退の理由は?

将棋盤とお茶

ニコニコ動画を運営するドワンゴが叡王戦から撤退した理由は公表されていませんが、業績悪化が影響したといわれています。

親会社であるカドカワの2019年(18年4月~19年3月)の決算が約40億円の赤字になったことが関係しているかもしれません。

(ただし、2020年(19年4月~20年3月)は、約80億円の黒字になっています)

今でこそ、将棋の中継というとアベマが主流ですが、以前はニコニコ生放送がすごく頑張ってくれていました。

叡王戦の前身である電王戦も非常に盛り上がりましたね。

ネット中継の礎を築いたといっても過言ではないですし、ニコニコの功績は大きかったと思います。

叡王戦の賞金額はどうなる?

叡王戦の賞金額は公表されていませんが、2,000万円くらいではないかといわれていました。

今回、スポンサーが不二家に変わり、番勝負も七番勝負から五番勝負へと縮小されました。

このことから、賞金額も変更になることが予想されます。

具体的な金額を推測するのは難しいですが、その他の五番勝負のタイトル(王座、棋王、棋聖)の賞金額と同程度になるのではないでしょうか。

上記3つのタイトルも正確な賞金額が公表されていないため、何とも言えないところですが、これまでの賞金額からは大きく下がることが推測されます。

中継はABEMAで継続

第5期は主にニコニコ生放送で中継(番勝負はABEMAでも中継)されていましたが、今後はABEMAで中継されていくようです。

今は、将棋の中継といえばABEMAというイメージがあるので、何の問題もなく楽しめますね。

ニコニコは将棋の中継からは離れるようですが、今後も何らかの形で将棋の企画が出てくることはあるかもしれません。

まとめ

叡王戦については「廃止されるのではないか?」と心配され、存続が危ぶまれていましたが、新たなスポンサーが見つかって本当に良かったと思います。

新スポンサーの不二家に感謝ですね。

第6期の叡王戦では、おやつに不二家のお菓子が登場することが考えられます。

LOOKのチョコレート、カントリーマアムやホームパイは、手軽に食べられていいですね。
飲み物もネクターが出てくるかもしれません。

と思っていたところ、早速予選でカントリーマアム、ホームパイ、LOOKなどが入ったお菓子ボックスが登場しました。

叡王戦は、おやつにも注目ですね。

-将棋コラム
-

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.