三間飛車を学ぶ

かなけんシステムの定跡を深掘りする 4四銀・8四飛型の考察

かなけんシステム 戦いの途中

先手から見て△5四歩を突いた形の居飛車穴熊対策として、有力な戦法の一つがかなけんシステムです。

以前の記事で、▲5六銀に△4四歩と角道を止めた場合の展開について、変化の一例を紹介しました。

check
かなけんシステム(角を飛び出したところ)
三間飛車VS居飛車穴熊対策には、かなけんシステムがおすすめ!

続きを見る

今回は、△4四銀と銀を上がった場合について、どんな変化が考えられるか、定跡を深掘りしてみたいと思います。

4四銀と出た形は、どちらかというと攻撃的な手だと思います。

展開によって△5五銀~△6六銀と出る手を狙っています。

かなけんシステム 4四銀・8四飛型の考察

それでは、居飛車穴熊対三間飛車の棋譜を見ていきたいと思います。

第1図(△4四銀まで)
かなけんシステムの出だし △4四銀までの局面

便宜上先後逆になってますが、第1図は△1二香▲5六銀に△4四銀と銀を上がった局面です。

以下▲7五歩△1一玉▲5九角(第2図)と進みます。

第2図(▲5九角まで)
▲5九角までの局面

▲7五歩と突き▲5九角と引くのが、かなけんシステムですね。

居飛車側としては、ここで浮き飛車にする手としない手が考えられます。

今回は△8四飛と浮き飛車にして、歩交換を防いできた場合を見てみましょう。

△8四飛と浮き飛車にした場合の変化

△8四飛には、▲9五角と飛び出したいです。
以下△9四飛▲9六歩と進みます。

居飛車側も△2二銀(第3図)と囲いを固めるところでしょう。

第3図(△2二銀まで)△2二銀までの局面

ここで攻めるなら▲6五銀ですが、△5五銀(第4図)とされてしまうとどうなるか見てみます。

第4図(△5五銀まで)
△5五銀までの局面

以下▲7四歩△同歩▲同銀は△6六銀(第5図)と進出されます。

第5図(△6六銀まで)
△6六銀までの局面

△7七歩と飛車先を止められる手があるので、攻めが止まってしまうんですね。

それでも、▲6三銀成△同金▲7一飛成(第6図)と強襲する順があります。

第6図(▲7一飛成まで)
▲7一飛成までの局面

瞬間的に銀損なのでどうか・・・?

以下△3二銀▲8一龍△6四飛▲9一龍△9四歩(第7図)が変化の一例です。

第7図(△9四歩まで)
△9四歩までの局面

ソフト的には、後手が少しだけいいようです。

また、上記手順の▲8一龍のところでは、一回▲6七歩(第8図)もあります。

第8図(▲6七歩まで)
▲6七歩までの局面

△5五銀と逃げてくれれば、△6四飛の後の△6七銀成がなくなるので、先手が少しだけ指しやすくなります。

ただし、△同銀成▲同金△9九角成と強襲されると大変かも・・・?

攻めに自信がある人は試してみてください。

▲7四歩△同歩▲同飛とするのは?

また、第4図から▲7四歩△同歩に▲同飛(第9図)と取る手もありますね。

第9図(▲7四同飛まで)
▲7四同飛までの局面

ただ、この場合は、角が9五にいるため少し重たい感じがします。

以下△7四同飛▲同銀△7九飛(第10図)と先着された時ですが・・・

第10図(△7九飛まで)
△7九飛までの局面

角が5九にいる形なら▲7七桂がピッタリですが、この形で▲7七桂と逃げると△9四歩で角をいじめられてしまうためダメです。

そのため、第10図からは、▲6一飛と打って△3一金▲6三銀成△同金▲同飛成△8九飛成(第11図)が進行の一例です。

第11図(△8九飛成まで)△8九飛成までの局面

先手の龍がそれてしまい、攻めが遅くなってしまうため、微妙かもしれません。

ちなみに、第10図から▲7一飛は、△4二金寄と受けられると飛車が動きにくくなってしまうので▲6一飛が勝ると思います。

▲6五銀の是非

ということで、正確に指されると三間飛車側が難しい気もしますが、居飛車側が正確に指すのも容易ではないため、第3図から▲6五銀と行く手はアリなのかもしれません。

三間飛車側としては、第8図の変化を目指し、▲6七歩に△5五銀を期待する感じでしょうか。

様子を見る▲1六歩

第3図からは、▲1六歩(第12図)と様子を見る手もあります。

第12図(▲1六歩まで)
▲1六歩までの局面

玉の逃げ道も広がるので損のない手ですね。

以下△3一金と守りを固めてくるなら、そこで▲7四歩と仕掛けます。

飛車交換は三間飛車側が有利なので△同歩と取ります。

そこで▲8六歩(第13図)と突っかけます。

第13図(▲8六歩まで)
▲8六歩までの局面

以下△同歩▲8八飛△4二角▲7七桂(第14図)が考えられる展開です。

第14図(▲7七桂まで)
▲7七桂までの局面

三間飛車側としては、左桂を跳ねることができたので不満はないですね。

居飛車側の指し手も難しい感じがします。

△3三銀引と守りを固める手が考えられますが、▲8六角△8四飛(第15図)に、

第15図(△8四飛まで)△8四飛までの局面

▲4二角成△8八飛成▲5二馬(第16図)の強襲が一つ考えられる攻めです。

第16図(▲5二馬まで)
▲5二馬までの局面

先手駒得ですが、穴熊相手に攻めきれるかは難しいところです。

第15図に戻って、▲8五歩△8二飛▲4二角成△同金寄▲8四歩(第17図)とする手もあります。

第17図(▲8四歩まで)
▲8四歩までの局面

飛車先突破できそうですが、△7五角から飛車先を歩で叩く筋があり、簡単ではないです。

中央から圧力をかける△5五歩

第12図から△5五歩(第18図)とする手もありそうです。

△5五歩までの局面

▲6五銀と▲6七銀、両方ありますが、▲6七銀だと△5四飛で飛車を中央に使われてしまうため、▲6五銀を本線で考えてみます。

後手も▲7四歩を避けて△6四歩とするのが妥当なところ。

先手は▲7六銀(第19図)と引きます。

第19図(▲7六銀まで)
▲7六銀までの局面

▲7六銀のところ▲5四銀は、△9五飛▲同歩△7二角(第20図)で悪くなるので注意です。

第20図(△7二角まで)
△7二角までの局面

第19図以下は、後手も△4五銀と角道を通しつつ銀を活用するのが最善な感じです。

以下▲8五銀△9五飛▲同歩△5六歩▲6一飛(第21図)が進行の一例です。

第21図(▲6一飛まで)
▲6一飛までの局面

形勢は互角ですが、飛車が2枚ある先手も充分戦えると思います。

まとめ

ということで、居飛車側が4四銀~8四飛とした場合の変化をいくつか紹介しました。

4四銀型の場合は、△5五銀と出てくる手を常に警戒する必要があります。

ただ、その分、7筋の守りは手薄なので、うまく攻めていきたいところですね。

かなけんシステムは奥が深く、ちょっとした形の違いで有利不利が変わってくる印象です。

難しい分、研究のしがいもあるのかなと思っています。

-三間飛車を学ぶ
-,

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.