三間飛車を学ぶ

先手ノーマル三間飛車VS後手居飛車急戦【5三銀左・4二金直】の戦い方

船囲いの発展型

ノーマル三間飛車に組んだ場合、居飛車側が急戦で仕掛けてくるのは今でも有力な戦法で、やってくる人も多い印象です。

何の知識もないと、簡単に攻め潰されてしまうこともあるので要注意ですね。

そこで、今回の記事では、先手ノーマル三間飛車VS後手居飛車の戦いで、後手が5三銀左・4二金直型で急戦を仕掛けてきた時の対策を見てみたいと思います。

急戦の受け方、対処法がわからないという場合は参考にしてみてください。

先手ノーマル三間飛車VS後手居飛車急戦【5三銀左・4二金直】

それでは、先手ノーマル三間飛車対後手居飛車急戦の戦いを見ていきましょう。

今回は、居飛車側が5三銀左と上がり、4二金直と固めた形(船囲いの発展型)での戦いを見ていきたいと思います。

4二に金を上がらず、4一のまま戦う形については、先後の違いがありますが、以下の記事を参考にしてみてください。

check
居飛車が▲4五歩と仕掛けたところ
【三間飛車】5七銀左急戦~4五歩仕掛けに対する受け方

続きを見る

△6五歩の仕掛け

第1図(△6五歩まで)
△6五歩までの局面

第1図は後手が△6五歩と仕掛けた局面。

▲同歩と取るのは角交換から△8六歩で8筋を突破されてしまうので、▲6八飛と戦いが起こった筋に飛車を移動します。

後手は△7三桂と力を溜めます。先手は▲5六歩と様子を見ます。

そこで後手は△6六歩(第2図)と取り込んできます。

第2図(△6六歩まで)
△6六歩までの局面

歩の取り込みに対して▲同角と取るのは、やはり角交換から8筋を突破されてしまうので▲同銀の一手。

後手は△8六歩(第3図)と突き捨てを入れてきます。

第3図(△8六歩まで)
△8六歩までの局面

▲同歩▲同角両方ありますが、▲同歩が普通ですね。

そして△6五歩(第4図)と打ってきます。

第4図(△6五歩まで)
△6五歩までの局面

ここで▲5七銀と下がる手、▲同銀と取る手がありますが、両方見てみましょう。

 

▲5七銀と引く

▲5七銀と下がるのは、以下△7七角成▲同桂△8六飛▲6五桂△同桂▲同飛△8九飛成(第5図)の展開が予想されます。

第5図(△8九飛成まで)
△8九飛成までの局面

第5図は、先手が1歩得と駒割はほぼ互角。
守りもお互いに金銀4枚。

ただし後手は飛車が成り込めていますが、先手は簡単に敵陣には入れそうもありません。

この局面は後手が少し良さそうです。

 

▲6五同銀と強く取る

第4図に戻り、弱気な手は禁物ということで▲6五同銀(第6図)と取ります。

第6図(▲6五同銀まで)
▲6五同銀までの局面

基本的には、△6五歩には▲同銀と覚えてしまっていいと思います。

▲6五同銀には、

  • △同桂
  • △7七角成

両方が考えられます。

順番に見ていきましょう。

 

△6五同桂

△6五同桂と取ってきた場合は、▲同飛△7七角成▲同桂△8六飛▲4五桂△4四銀▲6四桂(第7図)の展開が一例です。

第7図(▲6四桂まで)
▲6四桂までの局面

金が逃げれば▲7二桂成と攻めていきます。

また、△6五同桂に▲2二角成とする手もあります。

以下△同玉▲6五飛(第8図)となります。

第8図(▲6五飛まで)▲6五飛までの局面

△8六飛は▲7七角の王手飛車があるので△4四歩としてその筋を消してきますが、▲2六桂(第9図)が先手の狙い筋。

第9図(▲2六桂まで)
▲2六桂までの局面

▲3四桂と▲1四桂△同香▲1五歩、2つの狙いがあります。

この変化の場合は、左桂の活用が遅れるのがネックになります。

第7図、第9図とも先手が少し有利です。

 

△7七角成

▲6五同銀に△7七角成と後手から角交換してきた場合は、▲同桂(第10図)と取り返した時、後手の応手が3つ考えられます。

第10図(▲7七同桂まで)
▲7七同桂までの局面

  • △2二角
  • △8六飛
  • △6五桂

です。

3つとも調べてみましょう。

 

△2二角

△2二角と遠見の角を打ってきた場合は、▲5五歩△同角と5筋の歩を突き捨ててから▲7四銀(第11図)と出ます。

第11図(▲7四銀まで)
▲7四銀までの局面

5筋の歩を突き捨てておくと、将来5筋に歩が使えるようになるので、損になりにくい手です。

以下△7七角成▲7三銀不成△同銀▲6一飛成(第12図)が予想される展開です。

第12図(▲6一飛成まで)
▲6一飛成までの局面

先手銀損ですが飛車を成りこみ、次は▲6五桂の両取りや▲4五桂の攻めが狙いです。

形勢は互角ですが、先手に不満もないです。

ちなみに、▲7四銀のところ▲6七飛と受けるのは、△8六飛(第13図)と走られて、後手の飛車が躍動してきます。

第13図(△8六飛まで)
△8六飛までの局面

以下は、一例として、▲5六銀△6六歩▲5七飛△8八飛成といった展開や、▲7四銀△8七飛成▲6三歩△5一銀▲7三銀成△同角といった展開が考えられます。

第12図と比べると、先手の飛車がさばけていないのが不満です。

 

△8六飛

後手としては、第10図から△8六飛(第14図)と走る手もあります。

第14図(△8六飛まで)
△8六飛までの局面

先手の手も悩ましいですが、▲6三歩と叩く手が有力です。

△同銀は▲6四歩△7二銀▲7四銀となって先手が良さそうです。

よって△5一銀と引きますが、ここで▲6六角(第15図)と角を据えます。

第15図(▲6六角まで)
▲6六角までの局面

△4四歩は▲5五歩△6五桂▲同桂△6四銀▲5四歩(第16図)で先手良し。

第16図(▲5四歩まで)
▲5四歩までの局面

△6五銀には▲4四角があります。

第15図から△4四銀は、▲5四銀△8九飛成▲4五歩△3三銀▲2五桂△2二銀▲4四歩△同歩▲4三歩(第17図)で、これは先手優勢です。

第17図(▲4三歩まで)
▲4三歩までの局面

玉の小ビン攻めが厳しいです。

第15図から△4四角は、▲5五歩△8九飛成▲4五歩△2二角▲5四歩(第18図)が厳しく先手が少しいいです。

第18図(▲5四歩まで)
▲5四歩までの局面

ちなみに、第14図で▲7四銀とするのは△7六飛が銀桂両取りになり、△7七飛成の時に飛車に当たるので先手が不利になります。

 

△6五桂

最後に、第10図から△6五桂(第19図)を見ておきたいと思います。

第19図(△6五桂まで)
△6五桂までの局面

この手は銀を取る自然な手ではあるものの、▲同桂と取り返した手が5三の銀に当たるので、後手としては指しにくい手です。

▲同桂以下、△6四銀▲7七角△4四角▲同角△同歩▲7七角(第20図)が進行の一例です。

第20図(▲7七角まで)
▲7七角までの局面

角のラインが意外に受けにくいんですね。

△4三銀は▲4五歩でいいですし、△5五歩は▲同歩と取っておけば次に▲5六桂があります。

△3三銀は▲2五桂△2二銀▲4四角△2四歩▲6二角成(第21図)と強襲してOKです。

第21図(▲6二角成まで)
▲6二角成までの局面

△同飛は▲4四桂、△同金は▲7一銀があります。

 

まとめ

ということで、先手ノーマル三間飛車VS後手居飛車急戦【5三銀左・4二金直】の戦い方について、指し手を検証してみました。

難しい変化もあり、個人的にも一筋縄ではいかないなという印象です。

それでも、この形は先手の右桂が攻めに参加できることもあり、正しく指せば先手が不利になることはほとんどないと思います。

居飛車側の応手によって手は変わってくるので難しいのですが、今回の変化が少しでも参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-三間飛車を学ぶ
-

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.