実戦詰将棋

実戦詰将棋5手詰め【3】飛車と馬のコンビネーション

実戦詰将棋5手詰め

実戦スタイルの詰将棋5手詰めの問題です。

詰将棋が好きな人は是非解いてみてください。

実戦詰将棋のルール

できるだけ最短手順で詰ます
駒余りOK

問題:5手詰め

問題図:5手詰め
実戦詰将棋5手詰め

相振り飛車の一戦から。
▲9四歩の王手に△8四玉と逃げたところです。

中段玉は見るべきマス目が多く寄せるのが大変ですが、敢然と詰みまで持っていきましょう。

+ ヒント +(クリックorタッチしてください)

初手は平凡な王手で大丈夫。
4六の馬を活用することを忘れないでください。

解答

再掲問題図:5手詰め
実戦詰将棋5手詰め

詰将棋解答

▲8六飛△8五香▲9五銀△7五玉▲6四馬(詰め上がり図)までの5手詰め

詰め上がり図(▲6四馬まで)
▲6四馬までの局面

初手は、普通に▲8六飛(途中図1)と飛車を打って王手します。

途中図1(▲8六飛まで)
▲8六飛までの局面

ここに飛車を打つことで、相手玉の逃げ道を狭くしている点が大きいです。

△7五玉と逃げると▲6四馬で早く詰んでしまうので、後手は8五に合駒をします。

が、何を合駒しても▲9五銀と打ってOK。

△7五玉と逃げられると7四の桂馬が浮いてしまいますが、▲6四馬でピッタリの詰め上がりとなります。

詰め上がりは飛車と馬がよく利いていますね。

その他の手は?

問題図で▲9五銀と王手するのは△7五玉と逃げられ、▲6四馬に△6六玉(変化図1)で詰みません。

変化図1(△6六玉まで)
△6六玉までの局面

ただし、ここで▲6九飛と打てば3九の銀を抜くことができるので、これでも先手勝ちそうです。

とはいえ入玉模様になってしまうので、実戦的にはかなり大変かもしれません。

ちなみに、問題図で▲8五銀(変化図2)と打っても詰みになります。

変化図2(▲8五銀まで)
▲8五銀までの局面

△同玉と取れば、▲8六飛△7五玉▲6四馬で詰み(5手詰め)。

△7五玉と逃げると、▲7六歩△6五玉▲5五飛△6六玉▲5六馬で詰みとなります(7手詰め)。

これでも正解ですが、7手詰めになってしまうので、できれば解答手順の5手詰めで詰ましたいところですね。

まとめ

今回の実戦詰将棋は、飛車で玉の逃げ道を狭くして、とどめは馬で詰ますという問題でした。

▲8六飛は平凡な王手なので、ちょっと指しにくい部分もありますが、普通の手もオシャレな手も自由自在に指しこなせたら嬉しいですね。

中段玉を詰ますには盤面を広く見る必要があり、難易度が上がってしまいますが、冷静に対処したいところです。

僕自身、中段玉は苦手なので精進したいです。

-実戦詰将棋
-

Copyright© 将棋あれば憂いなし〜まったり将棋を楽しむWebマガジン , 2020 All Rights Reserved.